ご来院前に必ずご相談ください。

〒701-0153 岡山県岡山市北区庭瀬229-2  
受信設定やセキュリティ設定によっては当院からの返信メールが届かない場合があります。

24時間ネット受付

岡山市、肩の痛み、肩のケガ、肘の怪我、五十肩、脱臼、スポーツリハビリ、野球、投球治療

投球障害からの復帰プログラム

Mac's Trainer Room 広島市中区 ベースボールパフォーマンスジム

ご来院前に必ずご相談ください。

受信設定やセキュリティ設定によっては当院からの返信メールが届かない場合があります。

上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

当院の投球障害のチェック法と復帰へのプログラム

  • 実際に痛みのある箇所(肩、肘)の診断。骨、軟骨、靭帯、筋肉などのケガの程度を診断し、損傷部位がどのようにすれば治癒して行くかを判断します。
  • 肩、肘に障害があるとしてもその障害を起こしている原因が別にあることが多いので必ず以下のようなことをチェックします。
  1. 効率の良いフォームで投球できていない。
    原因は色々あります。
    • 体力が投げる負荷に耐えられない(体の大きさと練習の質、量の不釣合い)。無理なボールの握り、体の使い方がうまくできないなど。
    • 別の項で示した胸郭出口症候群が潜んでいないかチェックします。
      筋力低下、手のしびれなどがある状態で投げ続けて投球障害になっている選手がとても多いです。
  2. 柔軟性もある程度は必要ですが、投球動作では肩甲骨、脊柱、骨盤、股関節、膝、足など各部位が連動して適切に動くことが大切であり、これらの動きをチェック、指導します。
  3. 腰、膝、足などに故障がないかチェックします。腰部では筋疲労性の腰痛症、腰椎分離症、膝では靭帯の緩み、半月板障害の他成長期の選手に多いオスグッド病、脛の部位でのシンスプリント、足関節捻挫後遺症、扁平足、外反母趾など。このような障害が1箇所でもあるとパフォーマンスは低下します。
  4. その他日常の姿勢、運動時の呼吸の仕方、実際の投球動作指導では、重心の移動、投球中の目線の使い方、バランス、グローブの使い方、ボールの握りなどをチェックします。無駄な力を抜いたリラックスした投球を実感するためにボールの大きさを変えての投球トレーニングも行います。
  • 上記のことに注意しながら評価し、トレーニング指導します。故障部位が治癒するまでは故障部位の安静は必要ですが、適切に全身をトレーニングすると肩、肘へのストレスは低下するので、身体の状態が改善すれば早期に投球を開始できるようになります。また、故障前よりもケガをしにくくなり、良いパフォーマンスになることも期待できます。早期復帰のために、ケガが悪化しないと判断した時点で投球プログラムを開始しています。
  • 当院ではいかに無駄なく効率的に体を動かして行くかを考えて指導します。多彩な器具を用いたトレーニング法は当院でも指導しているMac 高島トレーナーの理念から考案された方法です。
  • このトレーニング法は肩、肘、腰などの故障からの復帰、手術からの復帰のほか大会前に調子を崩していて復帰に急を要する際にも用いています。もちろんどんな場合にも通用するということではありませんが、諦めず対処することをモットーにしています。
  • 目指すは、ケガからの復帰ではなく、ケガをしない+さらにレベルアップしたプレーをするための体づくりです。
ページトップへ戻る