ご来院前に必ずご相談ください。

〒701-0153 岡山県岡山市北区庭瀬229-2  
受信設定やセキュリティ設定によっては当院からの返信メールが届かない場合があります。

24時間ネット受付

岡山市、肩の痛み、肩のケガ、肘の怪我、五十肩、脱臼、スポーツリハビリ、野球、投球治療

スポーツと胸郭出口症候群

Mac's Trainer Room 広島市中区 ベースボールパフォーマンスジム

ご来院前に必ずご相談ください。

受信設定やセキュリティ設定によっては当院からの返信メールが届かない場合があります。

上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

スポーツ障害における胸郭出口症候群

スポーツ障害の中では聞きなれない病名ですが、最近は特に投球障害では多くの選手に存在することがわかってきています。
知らないうちに症状は出ていて、それが元で色々な障害が合併している場合もあります。投球障害の選手の約半数が症状を持っています。

このようなことを経験したことはありませんか?

  1. ゲーム中に前半は調子がよかったが急に調子が悪くなる(野球の投手ならば四死球、野手の場合は暴投が多くなる)。
  2. 投球数が増えると手がしびれや力が入りにくくなることを実感する。

このような選手では下記の症状を持っていることがあります。

  • フォームも自信がなくなり、イップスと言われるようになる。
  • 日常的に肩や腕にだるさがあり力が入りにくい。
  • ランニング中に手がしびれる。 
  • 書字を続けると手がしびれる。

肩に力が入りにくい、手がしびれるなどの状態

リリースポイントがよくわからないなど自分自身の投球フォームがわからなくなっている状態で投げ続けることにより

  1. 悪い状態から無理してスピードを出そうとしたり、コントロールを整えるためにフォームのバランスを崩して肩肘に負担がかかり故障する。
  2. 調子の悪さからイップスと言われるようになる。

きっかけとなる投球、トレーニング、日常の姿勢

  1. 投球過多による疲労(連戦、連投)
  2. 頸部にストレスのかかる投球フォーム。投球中にずっと両目で真っ直ぐに目標を凝視ていることによる頸への負担(体の早い時期での開き、フォローでの回旋不良にもつながります)。テイクバックに入る際に肘から挙げてしまう(頸部が詰まり、神経、血管を圧迫します)。
  3. インナーマッスル・トレーニングのやり過ぎ(肩関節が緩み過ぎた状態で投球して不良なフォームになります)。
  4. ベンチプレス、バックプレスなど頸部への負担が大きい筋力トレーニングをたくさん行っている(頸部に強いストレスをかけてしまいます)。
  5. 日頃から良い姿勢ということで胸を張るような姿勢(緊張した姿勢)を指導されたり、自分でそうした姿勢を意識していることが多い。ランニングなどトレーニング中の姿勢も影響します。

投球障害の胸郭出口症候群

投球障害の胸郭出口症候群は、投球動作時に頸部で神経、血管が圧迫を受け続けることにより症状が出ます。小学生から社会人まで症状を持っている選手は多いです。また、野球、ソフトボール以外のスポーツ、バドミントン、剣道、水泳などの選手も胸郭出口症候群になることがあります。練習中に腕が疲れやすく、しびれたりだるくなったりしてパフォーマンスが低下します。

治療法

日頃の姿勢をチェックしてリラックスした姿勢がとれるように指導。
投球フォームの調整(頸部に負担がたくさんかかっている状態を解消する)。
まず、呼吸、立位、座位での重心、運動時の重心などをチェック、矯正しながら行います。指導されたトレーニングを実践することで早ければ2週間ほどで症状はとれます。胸郭出口症候群の症状が軽減したところで、実際の投球動作指導を行います。投球フォーム指導ではグローブの使い方、目線の使い方の指導、さらには無駄な力を抜いたリラックスした感覚を覚えるためにボールの大きさを変えての練習も行います。投球自体もよくなって行くことが実感できます。
ただし、骨、軟骨、靭帯などの障害を伴っている場合は、こちらの障害が治ることが第一ですので、治癒状況を考慮しながら訓練を進めます。

☆胸郭出口症候群のチェック、治療を行うことで、今まで投球障害とされてきた骨、軟骨障害や靭帯損傷の治療期間が短くなってきました。

☆肩、肘痛がなくても胸郭出口症候群の症状を呈している選手はたくさんいます。
実際にグランドや自宅で下記のチェックをしてみましょう。

 

【胸郭出口症候群のチェック方法】

右投げの場合
①右肩・肘90°に保ち、首は左へ回す。
②その位置で、手をグーパー、グーパーを30回
※投げる方が、“だるくなる、冷たくなる、しびれてくる、掌が白くなる”の症状に当てはまると胸郭出口症候群の可能性があります。

ページトップへ戻る