ご来院前に必ずご相談ください。

〒701-0153 岡山県岡山市北区庭瀬229-2  
受信設定やセキュリティ設定によっては当院からの返信メールが届かない場合があります。

24時間ネット受付

岡山市、肩の痛み、肩のケガ、肘の怪我、五十肩、脱臼、スポーツリハビリ、野球、投球治療

スポーツによる肩、肘障害

Mac's Trainer Room 広島市中区 ベースボールパフォーマンスジム

ご来院前に必ずご相談ください。

受信設定やセキュリティ設定によっては当院からの返信メールが届かない場合があります。

上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

スポーツによる肩、肘障害

成長期のスポーツ障害について

成長期に生じるということで肩や肘の痛みを成長痛と言って済ましてはいけません。れっきとしたスポーツ障害であり、それぞれ原因が異なるので適切に診断して治療する必要があります。

成長期(小、中学生)の投球障害について

成長期の肩障害

上腕骨近位骨端線

上腕骨近位骨端線

小、中学生の投球による肩障害のほとんどがリトルリーグ・ショルダーと言われる成長線が離開するけがです(図:上腕骨近位骨端線)。初期に見つかれば1ヶ月ほどの投球中止で治癒します。程度が進んでいる場合は約3ヶ月間の投球中止が必要になることもあります。治療では投球を中止することが最も大切です。

成長期の肘障害

内側型(掌を上にして小指側の突起付近):最も多いけがです。投球の際の引っ張られるストレスで骨の一部が離れてしまいます(図:内側障害)。投球中止1ヶ月から2ヶ月で治癒します。きちんと治していないと将来靭帯損傷というケガになり、靭帯再建術が必要になることがあります。
外側型(掌を上にして母指側の突起付近):離断性骨軟骨炎という病名です。投球の際に骨が衝突することにより、関節の動きに大切な軟骨がはがれてしまいます(図:外側障害)。痛みの他に肘の動きが悪くなっていることが多いです。治癒させるためには長期にわたり投球、バッティングを中止して安静にする必要があります。野球以外に学校での体育も制限します。初期に診断されても3ヶ月以上投球を中止しなければ治らないことが多いです。進行している場合は野球に復帰するために手術が必要になります。

内側障害

内側障害

外側障害

外側障害

成長期の肩肘投球障害の対策

ほとんどのけがは安静、投球中止で治ります。早期発見し、治療を行なうことが復帰への近道です。日頃から肘を伸ばす角度や曲げる角度に左右差がないかチェックしましょう。また、体が硬い選手が多いようですので毎日ストレッチを行なう習慣をつけましょう。肩甲部、股関節周囲は小学生のうちから硬くなっています。また、筋力強化よりも片足でしっかり立つなどバランス力を鍛えることが大切です。投球フォームについては、筋力が大人にくらべて弱いので大人と同じようなフォームでは投げられません。しかし軸足の体重の載せ方、踏み出し方、ボールリリースのタイミングのとり方など体の使い方の基本を覚えることが必要です。投球練習は距離を延ばすよりもコントロールを重視した練習がよいでしょう。投球開始時期、実戦復帰時期などは保護者の方、指導者の方、医療機関と連絡をよくとり合って相談することも大切です。大切な大会への出場、選手の将来など多方向から考えてあげることが必要です。

成長期の投球障害のチェック法

1.投球時に痛みがある。痛みは選手の悲鳴のサインです。選手本人が我慢せず言い出せる環境づくりをしましょう。また、急にコントロールを乱す、投げる距離が落ちるなどプレーから気づいてあげることも大事です。

2.定期的に肘の曲げ伸ばしをチェックしましょう。左右差があるようであれば故障しています。1−a:肘の伸び方に差がある。1−b:手先が肩に届かない。
肘を伸ばしきったときに痛みが出ることもあります。

成長期の投球障害のチェック法

成人(高校生以上)の投球肩肘障害

小、中、高校と長く野球をプレーしているうちに肩や肘の靭帯、腱に無理がかかり少しずつ使い傷みが生じます。オーバーユースによる故障が最も多いですが、投球は全身を使った一連の動きにより行うので肩関節、肩甲部の動きの他、腰や膝など一連の動きに関わる部位が故障あるいは動きが悪いことでも肩肘の故障の原因になります。高校や大学で活躍した選手が、引退後は体を鍛えることなく肥満や関節の硬化で動きが悪くなったまま現役時代のつもりで投球していると故障してしまうのはこういうことが原因です。久しぶりにお子さんとキャッチボールをして肩が痛くなるというのも同様の原因です。

肩痛の原因と対処法

肩の前方が痛くなることが多い(腱板損傷、腱板疎部損傷、関節唇損傷)ですが、これはテイクバックからリリースにかけて、腕が体の後方に入り遅れて出てくる投げ方をすることでこの部に強い緊張がかかり生じます(上半身、特に腕に頼って投げている場合に無理な力がかかります)。最初は肩の前方が痛くなり、次第に範囲が広がり後方も痛くなってきます。初期は投げているうちに痛みがなくなることもありますが、徐々に投球痛が持続するようになり、距離も落ちてきます。また、それまで調子が良くても1回の投球で激痛が生じる場合もあります。
治療としてはまず投球を休み関節内の腫れを軽減させます。その間に肩甲部、股関節の動きなど体全体のチェックを行い、投球の障害になっている項目に対する運動療法を進めておきます。体全体を使って投げる選手の多くは、投球の際に上腕部(肩から肘)と前腕部(肘から手)を一つの同じ面で振ることができ、この投げ方では肩や肘へのストレスが少なく故障し難いことがわかっています。この腕の振りを行うには肩関節、肩甲骨、脊椎、骨盤、股関節などの適切な動きが必要とされます。各所の柔軟性や動作のための筋力強化を行います。部分的に破綻した箇所があっても条件が良くなれば投球可能になることが多いです。それでも痛みのため投球できない場合は、関節内注射で炎症を抑える治療や最終手段として損傷部を修復する手術を行います。

肘痛の原因

肘関節の内側にある内側靭帯損傷が最も多い投球障害です。投球ではこの部に最もストレスがかかるからです。肩関節の故障と同様に体全体の調整で肘に負担のかからない動作ができるようになれば症状が改善することが多いです。リハビリテーションを行っても症状に変化がない場合は靭帯断裂に対して外科的治療が必要になります。靭帯再建術(いわゆるトミー・ジョン手術)と言われる手術で体の他の部位から靭帯の代わりとなる腱を採取して移植します。
肘痛の原因で次に多いのは関節ネズミです。投球障害で関節内に剥がれた軟骨が徐々に大きくなり、関節内にはまり込むことで起こります。関節注射で症状が改善することがありますが、再発します。度々引っかかる場合は手術でネズミを除去します(関節鏡手術)。

ページトップへ戻る